2012年04月04日

放射能による健康被害が伝えられています。

広島の原爆症患者さんを診察されてきた肥田舜太郎医師は、昨年の春に秋から放射能の影響と見られる下痢や脱毛などが出て来ると激しい口調で演説されていました。
その通りに昨年の秋から、ネットでは、脱毛やはがれる爪、子供の鼻血などが報告されています。

また、突然死の話もあって、首都圏の高校で突然死が起きているとか、乳幼児の突然死が増えているとかの話もあります。

福島県内での健康被害については、かえって遮断されていたようなところもありましたが、最近、未成年者の突然死などもぼちぼち伝えられています。

「原発いらない福島の女たち」のメンバーからは、高線量地帯での不審死について報告されています。
浪江町で3人の不審死があったそうですが、そのうちお一人は甲状腺が腫れていたそうです。
また、浪江町の避難区域に一時的に戻った方が、そこのトイレで突然死されるようなこともあったそうです。
医師はこれらの放射能のとの関係については無視しているようです。

福島県には大量の放射能が落下しましたし、首都圏にも放射能は落下しています。
首都圏は福島県よりは少ないかもしれませんが、それでも原発事故前に比べるととんでもない量の放射能が落ちています。

バンダジェフスキー博士は、シーベルトで表される空間線量は無意味で、ベクレルで表される放射線量が人間の健康にとっては重要なのだとおっしゃっています。
子供の場合、土壌汚染が37000Bq/uでも外部被曝として危険だとおっしゃいます。この数値は一般的にはギリギリ安全と言われる値です。

放射能が落下した地域では、飲食や呼吸での内部被曝と地面や草木についた放射能から受ける外部被曝のダブルパンチですので、身体への影響も大きいのでしょう。
放射能汚染地帯に住めば、飲食を注意しても、呼吸による内部被曝の危険は常にありますし、低線量であっても外部被曝は避けられません。

個人で避けようとすれば、放射能の含まれた飲食物はとらない、マスクをするなどの個人的な対策はできますが、外部被曝も含めると個人では限界があります。
政府にもっと危機感を持ってもらって、感染症対策で行われるような、放射能に特化した公衆衛生政策が必要でしょうね。



posted by 夢織人 at 08:09| Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。